トップページ ルール上巻 ルール下巻 ダウンロード サポート
ご不明な点がありましたら ここから 具体的な質問を書き込んでください。
ルール上巻・・・カードとスキルの仕様を項目別に説明しています。
ルール下巻・・・ゲームの遊び方を進行手順に従って説明しています。

上巻 1−1 カードの置き方
1−2 チップの種類
1−3 カードの読み方

2−1 スキルの使い方
2−2 スキル(攻撃方法)
2−3 スキル(追加効果)
2−4 スキル(固有能力)

3−1 R効果の使い方
3−2 R効果(上級能力)
下巻 4−1 デッキの組み方
4−2 勝利条件

5−1 バトルのながれ
5−2 ターンのながれ

6−1 ラウンド開始の処理
6−2 ターン(召喚フェイズ)
6−3 ターン(移動フェイズ)
6−4 ターン(攻撃フェイズ)
6−5 ラウンド終了の処理
7−1 カードの倒し方
7−2 異常状態

1−1 カードの置き方
★ 「ティンクルマスターは、自分の場と相手の場に分かれて遊びます」

カードの置き方 (1) 「チップ」
チップは全て各カード1枚1枚にのせて、そのカードの現在の状況を示しておくのに使います。

(2) 「場」
前列に3マスと後列に3マス、合計6マスを移動しながらプレイする自分の場(フィールド)です。

(3) 「墓地」
戦闘中に倒されてしまったり、不運にも消滅してしまった自分のカードを置いておく場所です。

(4) 「デッキ」
デッキは互いによくシャッフルしたあとで裏向きにセットして、上から1枚ずつ引いていきます。
※カードの材質が薄くて透けるときは、市販のカードスリーブ(マジック:ザ・ギャザリング用が合います)を使ってください。
最初に戻る 
1−2 チップの種類
★ 「ゲームで使うチップは6種類です。表と裏をひっくり返して使います」

ダメージチップ(10〜40) 「ダメージチップ(10〜40)」
ダメージを受けたカードにのせていきます。
このチップは、そのカードが今までに受けて蓄積しているダメージ数をあらわします。
★チップ(1〜4) 「★チップ(1〜4)」
★(ティンクルコア)は、マスを移動したりスキルを使うときのエネルギーになります。
★はラウンド開始の処理で増えていきます。

シック状態チップ 「シック状態チップ」
シック状態にされたカードにのせます。
この状態で通常スキル、消費スキルを使うと10ダメージのペナルティを受けます。
ロック状態チップ 「ロック状態チップ」
ロック状態にされたカードにのせます。
この状態になると、移動フェイズ、攻撃フェイズで一切の行動ができなくなります。

行動済みチップ 「行動済みチップ」
毎ターン行動したカードにのせていきます。
このゲームは自分のターンをパスできません。必ず行動済みにする必要があります。
R効果スキルチップ 「R効果スキルチップ」
R効果スキルを使ったカードには、スキル使用後の目印としてこのチップをのせます。
R効果はラウンド終了まで効果が続きます。
最初に戻る 
1−3 カードの読み方
★ 「ゲームで使用するカードは、キャラクターカード1種類のみです」

カードの読み方
最初に戻る 
2−1 スキルの使い方
★ 「スキルには★消費の有無と、スキルを使う条件に配列があります」

通常スキル

通常スキルは、★チップが必要な★の数を満たしているとき、★チップを消費せずに使えます。
上記のスキルは配列アイコンがRearなので、このスキルは後列のマスで使います。

消費スキル

消費スキルは、★チップが必要な★の数を満たしているとき、その★チップを消費して使います。
上記のスキルは配列アイコンがFrontなので、このスキルは前列のマスで使います。

全てのスキルを使うときのルール

 ・ 敵の固有能力やR効果スキルで、スキルの効果を与えられない相手は対象から外れます。

 ・ スキルの対象になる敵、または味方が1体もいないときは、そのスキルを使えません。

 ・ 敵全体や味方全員が対象のスキルは、対象になる相手を選んだり外したりできません。

 ・ 複数の敵、または味方を指定したスキルは、対象が指定された数に満たなくても使えます。

※追加効果を使えば、対象のルールが変わる場合もあります。「2−3 スキル(追加効果)」を見てください。

味方に対する効果範囲のルール

 ・ 「味方1体」は自分も対象になります。「味方全員」は自分を含めた味方全員のことです。

 ・ 特に対象が指定されていない場合は、そのスキルを使う本人のみに効果があります。

※味方の効果範囲については、固有能力にも当てはまります。「2−4 スキル(固有能力)」を見てください。
最初に戻る 
2−2 スキル(攻撃方法)
★ 「プレイ中によく使う基本的なダメージスキルについて説明します」

敵1体に10ダメージ/敵1体に20ダメージ 敵1体に10ダメージ敵1体に20ダメージ

前列の敵に対しては自由に攻撃できます。
後列の敵に対しては、前列のマスが空いていれば攻撃できます。

左の図(中央のマス)のように、前列と後列の両方に敵がいる場合は、前列の敵には攻撃できますが、その後ろに隠れている敵には攻撃が届きませんので注意してください。

任意の敵1体に10ダメージ 任意の敵1体に10ダメージ

どのマスにいる敵も自由に攻撃できます。

任意の敵2体に10ダメージ任意の敵3体に10ダメージ

どのマスにいる敵も自由に攻撃できます。
攻撃できる対象がスキルで指定された数に満たなくても使えます。
同じ敵を2回、3回と何度も攻撃することはできません。

前列の敵全体に10ダメージ/後列の敵全体に10ダメージ 前列の敵全体に10ダメージ後列の敵全体に10ダメージ

指定された列の敵を全て攻撃できます。
攻撃できる対象が指定された列に1体もいないときは使えません。
対象になる敵を選んだり外したりすることはできません。

敵全体に10ダメージ

前記の攻撃方法から、前列後列の指定をなくした完全な全体攻撃です。
最初に戻る 
2−3 スキル(追加効果)
★ 「ダメージスキルとHP回復スキルの追加効果について説明します」

通常スキル+追加効果(青文字)

通常スキル+追加効果(赤文字)

消費スキル+追加効果(青文字)

消費スキル+追加効果(赤文字)

追加効果を使うときのルール

 ・ 追加効果は、敵や味方にスキルを与えたとき、追加効果を使うと宣言して使います。

 ・ ダメージを与えた時点で撃破できたり、追加効果を無効にする敵には使えません。

 ・ 青文字の追加効果は★を消費しません。赤文字の追加効果は★を1つ消費します。

 ・ 複数の相手に追加効果を与えるときでも、消費する★の数を増やさずに使えます。

追加効果の0ダメージルール

 ・ ダメージを与えられなくても、追加効果のみを与えることができます。回復の場合も同様です。

 ・ 複数の敵や味方に追加効果を与える場合でも、0ダメージルールを適用できます。

[主な追加効果一覧]

追加効果:その敵を任意のマスまで移動させる
敵を好きなマスに移動させます。空いているマスなら、どこでも好きなマスまで移動させることができます。

追加効果:その敵の★を1つ増やす
敵の★を5に増やせば残りHPに関係なく一発で撃破できます。

追加効果:その敵をシック状態にする
敵をシック状態にします。ロック状態の敵に使うとシック状態に変更できます。既にシック状態の敵には使えません。
追加効果:その敵を前後に入れ替え移動させる
敵の前列と後列を入れ替えます。入れ替え先のマスに敵がいても、その敵を巻き込んで入れ替えできます。

追加効果:その敵の★を1つ減らす
★が0になっている(★チップを持ってない)敵には使えません。

追加効果:その敵をロック状態にする
敵をロック状態にします。シック状態の敵に使うとロック状態に変更できます。既にロック状態の敵には使えません。

追加効果:その味方の異常状態を解除する
味方の異常状態を解除します。自分の行動中にシック状態を解除できれば、シック状態のペナルティは受けません。
最初に戻る 
2−4 スキル(固有能力)
★ 「各カードが持つ固有能力には、自動と選択の2種類があります」

固有能力(自動)

★チップが必要な★の数を満たしているとき、その固有能力は常に強制発動します。
固有能力が発動することによって自分が不利になる状況でも、必ず固有能力が発動します。

固有能力(選択)

★チップが必要な★の数を満たしているとき、プレイヤーは任意で固有能力を使えます。
各種スキルの内容を変更するときは、元のスキルにある追加効果は使えなくなります。

固有能力を使うときのルール

 ・ HPや★を消費して使う固有能力のダメージは、全て消費スキルのダメージとして扱います。

 ・ 発動の条件を満たしていれば、味方のR効果スキルや固有能力と併用できます。

※固有能力の対象や効果範囲の扱いは、全てスキルと同じです。「2−1 スキルの使い方」を見てください。

[主な固有能力一覧]

「敵からの「追加効果:M移動/M入替」を無効にする」
M移動=「追加効果:その敵を任意のマスまで移動させる」を無効にします。
M入替=「追加効果:その敵を前後に入れ替え移動させる」も無効にしますが味方に巻き込まれた場合は無効にできません。

「敵からの「追加効果:★増加/★減少」を無効にする」
★増加=「追加効果:その敵の★を1つ増やす」と、★減少=「追加効果:その敵の★を1つ減らす」の2種類を無効にします。

「敵からの「追加効果:シック/ロック」を無効にする」
シック=「追加効果:その敵をシック状態にする」と、ロック=「追加効果:その敵をロック状態にする」の2種類を無効にします。

「敵からの「追加効果:全ての追加効果」を無効にする」
M移動/M入替、★増加/★減少、シック/ロックの全種類を無効にします。
M入替=「追加効果:その敵を前後に入れ替え移動させる」も無効にしますが味方に巻き込まれた場合は無効にできません。
最初に戻る 
3−1 R効果の使い方
★ 「R(ラウンド)効果スキルは、持続性のある特殊な補助スキルです」

R効果スキル

R効果スキルを使うときのルール

 ・ R効果スキルは攻撃フェイズで、通常スキル、または消費スキルと同じルールで使います。
 (ラウンド開始の処理で使えるR効果スキルも同様のルールで使います)

 ・ R効果スキルを使ったカードには、「行動済み」チップ、「R効果スキル」チップの2種類をのせます。
 (ラウンド開始の処理で使ったカードには、「R効果スキル」チップだけをのせます)

R効果スキルを使った後のルール

 ・ R効果スキルはラウンド終了の処理、またはそのカードが倒れた時点で解除されます。

 ・ 途中解除はできません。前後にマス移動させられたり、★が0になっても効果を維持します。

 ・ 別のR効果スキルを使ったときは、「R効果スキル」チップを移動させて上書き変更にします。

 ・ 未行動のままR効果状態になっているカードは、R効果スキルを維持して行動できます。
最初に戻る 
3−2 R効果(上級能力)
※R効果スキル(上級能力)はルールが複雑になるので廃止されました。再実装の予定はありません。

前へ 最初に戻る 次へ